スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【韓国の反応】頑固なトランプ、補佐陣が反対にもかかわらず「メキシコ関税方針」強行

反応とまとめ

コメントへジャンプ

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0003450774&date=20190601&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=104


頑固なトランプ、補佐陣が反対にもかかわらず「メキシコ関税方針」強行


ドナルド・トランプ米大統領がメキシコ産輸入製品に5%の関税を課すことを発表をするまでホワイトハウス内でかなりの反対があったようだ。ワシントンポスト(WP)が先月31日、報道した。トランプ大統領は前日、米国でのメキシコの不法移民がなくなるまで、メキシコの関税を課すと発表した。メキシコの国境障壁の建設が不振だとして関税障壁を積んだわけだ。

WPは、ホワイトハウスの官僚と議員、議会補佐官14人の話を引用してトランプ大統領は、メキシコの関税賦課を決定するまでの過程を詳細に伝えた。これらによると、トランプ大統領は、関税賦課の方針を公式発表する一日前の29日夜、ホワイトハウスの執務室での会議だったが補佐官の反対にぶつかった。

◇トランプ婿も反対… 「USMCAに良くない」

トランプ大統領の義理の息子であり、ホワイトハウス補佐官であるジャレッド・クシュナーもトランプ大統領のメキシコの関税賦課計画に反対した。彼はメキシコの関税が北米自由貿易協定(NAFTA・ナフタ)を交換するために結んだ米国、メキシコ、カナダの自由貿易協定(USMCA)各国の批准を危険にさらすことになると主張した。昨年9月にナフタは再交渉を介してUSMCAに置き換えた。ロバートライトハイザー米貿易代表部(USTR)代表とスティーブンの米財務長官も、メキシコの関税賦課の方針に反対した。これらもUSMCAをひっくり返すことになるというクシュナーと同じような理由であった。メキシコ当局にすぐに関税の脅威を事前に知らせる電話をすることを要請したとWPは伝えた。トランプ大統領のツイッター発表後の31日にも、ホワイトハウスでは、会議が続いた。側近たちがトランプ大統領の考えを変えるためだった。WPは側近がトランプ大統領の方針を反転させるための会議を継続しながらも上級管理職は、混沌状態だったと伝えている。WPはトランプ大統領が30日午前、コロラド州の空軍士官学校卒業式祝辞のためにワシントンDCを離れる前、記者たちに重要な声明を発表するとしたが、この時も計画が実行されるかは不透明だったと伝えた。この日の午後4時30分、ホワイトハウスの側近たちの重要な会議が再び開かれた後、関税が最終決定された。トランプ大統領はコロラド州のイベントを終えた後、専用機エアフォースワンで電話をかけて関税方針をすぐに発表したいと述べた。

クシュナー氏は「メキシコと直接交流しながら急増するメキシコの不法移民の問題を解決することができる」と述べた。当時中東訪問中だったクシュナー氏は電話をかけてトランプ大統領にこのような意見を伝えた。

トランプ大統領長女の夫であるクシュナーは先月16日トランプ大統領が発表した高学歴者や技術者を優遇するための新しい能力優先移民政策の計画を主導した人物でもある。この日、不法移民1036人のメキシコ国境で逮捕されたというニュースを聞いて大怒したトランプ大統領は補佐官の反対意見にこだわりを折らなかった。1036人の不法移民が逮捕されたのは、単一の規模では歴代最大値だ。会議は、ホワイトハウスの法律顧問室とスティーブン・ミラーによって仕上げられた。翌日の30日夜、トランプ大統領は、自分の意のままにメキシコ産のすべての商品に5%の関税を課すという方針を自分のTwitterアカウントに電撃発表した。彼はTwitterで「6月10日から、メキシコを通じた不法移民の流入が中断されるまで、メキシコからのすべての商品に5%の関税を賦課すること」とし「不法移民の問題が解決されるまで、関税を段階的に引き上げていく」とした。

ホワイトハウスもこの日声明書を通じて「6月10日5%の関税を付けた後、それでも(不法移民関連)危機が続くと、7月1日から10%に引き上げられるだろう。もし、メキシコが不法移民を急激に減らしたりなくさなければ、8月1日からは15%、9月1日からは20%、10月1日から25%に上げるだろう」と発表した。

トランプ大統領のメキシコの関税賦課の方針は、トランプ大統領の腹心であるスティーブン・ミラーホワイトハウス上級顧問の作品であることが分かった。米CNBCは、ホワイトハウスの関係者を引用し、「移民政策硬派なミラー上級顧問が押し通したアイデア”と伝えた。

トランプ大統領は「多くの共和党上院議員が、メキシコの関税賦課の方針を好まないことをよく知っている」と周辺に語っている。実際WPは「30日夜、ホワイトハウスに議会スタッフに向け携帯電話が殺到した」と報道した。

韓国人の反応
❏韓国人
頑固vs根気ニュアンスの違いで受け取り方もぜんぜん違うね
マスコミは何故こんなタイトルを付けるのか…

❏韓国人
トランプはシンプルだが最高の方法でメキシコ関税打撃したね
最終的に、メキシコ経済が悪くなるだろうから、メキシコ政府は難民の世話を迅速に遮断するようになる。
これは単純だが、最高の方法である。

❏韓国人
経済的打撃という物理力の次に強力な力を発揮してるねふふふ

↑❏韓国人
ふふふふふ世界平和を追求する傾向の人間には悪夢だろう

↑❏韓国人
米国と戦争して勝てる国が一つもない以上米国の覇権と同盟国は依然として揺るがないだろうね

❏韓国人
このままではトランプは再選するのではないか?

❏韓国人
これで米国民は物価上昇で死ぬふふふふふ
トランプ支持者達がポタポタと堕ちていくだろう

↑❏韓国人
(笑)…ふふふ米国の経済成長は歴代級であるふふふふふふ

❏韓国人
不法移民問題を見て見ぬふりをしているメキシコ側にも問題はある
アメリカの麻薬汚染は問題だ

スポンサーリンク
注目記事!!(外部サイトへ移動します)

❏韓国人
こういった行動がアメリカを世界から孤立化させているのではないのか

❏韓国人
現実:韓国2%成長米国の3%台の成長

↑❏韓国人
え?韓国はマイナス0.3パーセント成長ですが?(笑)ふふふふふふふふふふふふふふふ

↑❏韓国人
文在寅は大韓民国まるごと乞食にするつもりだ

❏韓国人
ムンジェインの次の政権は本物の地獄の状況から出発することになりそうでかわいそうである

❏韓国人
関税の利益でメキシコの壁を建設するのか?

❏韓国人
不法移民を放っておいては合法的に移民した人間は何なんだと…
この問題についてはトランプが正しい

❏韓国人
ふふふふふふ一方我らが大統領の子供は東南アジアへ移民…ふふふ

❏韓国人
トランプは再選するためにブルドーザーのように米国第一主義を強行しているね

❏韓国人
米国大統領という人間があんなマニアックと非常に世界中が大騒ぎだ…

❏韓国人
米国が最強国なのは認めるがあんな風に世界中の国を相手に是非圧迫に脅迫…孤立無援に陥って、世界中から排斥されてみろ!

❏韓国人
オバマの無能でどっちつかない政策とは別の方法で確実な方法と緻密な計算は本当に羨ましい

❏韓国人
ムンジェインは毎日北朝鮮のことだけ

❏韓国人
ムン・ジェイン大統領がトランプの半分の半分であっても、自国の国民を考えてくれれば、今のように朝鮮族、中国人、パキスタン人、モンゴル人などが犯罪を犯し韓国内を闊歩してないだろう。

❏韓国人
本物の大統領は最高だ。
大統領を輸入したい

❏韓国人
トランプは米国の祝福だ

❏韓国人
トランプは最高の選択である。
メキシコや他国が協力して多くの難民が米国に集まって、米国社会の安定を損なうのに傍観するなら、それは大統領ではない。
韓国に不法中国人、東南アジア人たちが集まったとして人権を論じるだろうか?
トランプが最良の選択である。
経済の犠牲を甘受してまで、煮え湯を食べる覚悟で国を心配している真のリーダーだ。
北朝鮮だけ考えている無能と混乱の代名詞とは次元が違う。

❏韓国人
全世界の主流メディアだけがトランプを嫌っているふふふ

❏韓国人
全世界が関税でアメリカから殴られるのか?

❏韓国人
私達はいい人間が大統領につかないので国を滅ぼす一歩手前だ…

  1. これで二期目は確定。

  2. 不法移民も抑制できて壁の建設費もまかなえる
    天才か

  3. 実際どうなのかは知らんけど
    もし相手がナメて問題放置してるようなら、脅すのもアリだろ

  4. えー良い子のみんな、でもないか❔w今日が何の日か知ってるかな❔

    1989年6月4日 中華人民共和国の北京。天安門広場では当時、学生達が民主化
    を訴えて集団で集まりデモ活動していました。数万人規模のようです。中国の私服警官もその様子を近くで見守っていたようです。その集団の制圧に、中国人民解放軍が戦車隊を引き連れて、一般学生から私服警官から関係なく、その広場にいるもの全てに砲撃と、兵隊による水平射撃を浴びせました。政府が自国民の一般民衆に対して虐殺行為を初めると言う、人類史でもめずらしい大事件です。6月4日に起きたので『六四天安門事件』と名付けられています。
    被害は凄惨です。皆殺しですから。1万人以上の死者にのぼり、有名なのが戦車で学生を引き殺しながらその場で回転進行するというエグさであり、地面には扇状に血糊と、学生の髪の毛がべったり貼り付いた写真が残っています。
    中国人民解放軍の追撃は執拗で、口封じのために6月4日以降も、学生活動していた学生の家族や親類縁者に対しても拉致殺戮を繰り返し、現在本当の死者数はわかっていません。

  5. リベラルのワシントンポストの記事と韓国の反応か。 面白いね。
    WPとしては当然の論調ですね (笑
    これを読んだ民主党が道を誤るんじゃない?
    選挙戦の策を間違って、トランプさんが大統領・再選される 大歓迎ですけどね
    オバマ(民主党)政権はクソだったと思う。