スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【韓国の反応】哨戒機事態後初の日韓国防会談、日本は謝罪せず不満だけ話した

反応とまとめ

コメントへジャンプ

URL


哨戒機事態後初の日韓国防会談、日本は謝罪せず不満だけ話した


日本の哨戒機低空脅威飛行事態に浮上した韓日両国の葛藤が、シンガポールのアジア安全保障会議(シャングリラ対話)中両国長官会談が実現され、縫合の扉がアップデートであった。しかし、日本ではまだ「真実は一つ」と低空脅威飛行事実を認めなかった。ただし、両国は「未来志向の関係」に傍点を撮って再発防止を行うことに結論を下した。

ジョンギョンヅ国防部長官と岩屋毅日本防衛相は1日午後、日韓の国防長官会談を開き、40分間意見を交わした。これらはシャングリラ対話の通常の会談とは異なり、冷却された両国国防協力を正常化するために意義を置く席だった。昨年12月に哨戒機葛藤の余波で、両国の国防長官会談は昨年10月にアセアン拡大国防相会議(ADMM-Plus)を最後に開かずにいた。

鄭長官はこの日の会談を終えた後、記者たちと会って、「日本の防衛相と日韓の防衛協力と関連した話を交わした」とし「哨戒機近接脅威飛行関連も虚心坦懐に率直な意見を交わした」と述べた。そして「これから両国が緊密に協力しながら、今後このようなことが再発しないように発展させていこうという意見を一致させた」と説明した。

この日の会談で鄭長官は、このよ防衛相に韓国艦艇の射撃統制レーダー(追跡レーダーや火器管制レーダー)調査(照射及びレーダーを狙って撃つこと)は、明白な根拠があることを説明した後、日本哨戒機の飛行のための国際法のコンプライアンスを強調した。問題の本質は、日本の哨戒機の近接脅威飛行形態にあるという理由からだ。

鄭長官は続いて「韓国と日本は、隣接する友好国として国際社会で起こるすべてのことについて緊密に協力して協力をする必要がある」とし「協力して発展させていこうということにも意見の一致を見た」と話した。

しかし、両国の信頼が完全に回復していないという解釈が支配的だ。日本がまだ哨戒機の事態に対して責任がないという主張を繰り返しているからである。岩屋防衛相はこの日の会談後、記者たちと会って、「レーダー調査事案に対する日本の立場は、昨年1月の現状のまま」と「真実は一つしかない」と述べた。当時、日本は「危険な飛行はなかったし、むしろ哨戒機が脅威を受けた」と主張した。

さらに、日本はこの日の会談で、韓国の新指針を記載して、事実上の撤回を要請した。これは、韓国軍当局が哨戒機事態以後偶発的な衝突を防止するために作成された対応マニュアルを意味する。日本は「韓国が新指針を立て海軍艦艇から3海里以内入った軍用機は射撃統制レーダーを用いた調査を警告することにした」と主張している。防衛相は「適切な指示も会談の議題にした」と語った。

その一方で、日本は対立をさらに拡大していかない旨を明らかにした。防衛相は「どちらかが譲歩して答えが出てくる状況ではない」とし「私たちの見解に変わりはないが、未来志向的な両国の防衛関係のために一歩閉じたい」とした。鄭長官も、「日本側から低空脅威飛行を認めたのか」の問いに「その部分がうまくいっておらず、この問題を離れてそのようなことが発生しないように(関係を)発展させていこうということで意見が一致した」とした。そして「(哨戒機論議が)終わったというより多くの意見を交換した」と付け加えた。

この日の会談は、紆余曲折の末、実現した。軍当局者の話を総合すると、当初シャングリラ対話で韓日長官会談を開くということに大きな枠組みの合意が行われたが、先月28日、日本のマスコミの報道が出て原点に戻った。当時読売新聞は「岩屋防衛相が、過去の事態が注目されるしかない状況だと「時期尚早」と判断した」と報道した。軍当局者は「日本が国内の世論を思いさせるためにメディアを利用していると見ている」とし「両者会談の開催するかどうかを再検討するに至った」と述べた。

その一方で、日本は、水面下で協議の紐を離さなかったという。先月18日、岩屋防衛相は「韓国と様々な問題が起きたが、韓国国防長官と会って、元の関係に戻りたい」と意欲を表わしたことがある。韓国もシャングリラ対話を契機に、今回の葛藤をある程度縫合しなければならないと判断した。国防部の関係者は、「シンガポールに到着する前に会談が開かれるのに際して両国の合意がなされ、形式など詳細な手順を定める過程が残っている状況だった」と語った。1日のスケジュールはシャングリ・ラの代表団が参加した前日の夕食会で確定した。

国防部の一部では、今回の事態の原因を認めない日本が後頭部を殴ってくるという懸念の声が少なくない。日本は昨年12月20日、事態の後、1月18・22・23日にも韓国海軍艦艇に向かって威嚇飛行をした。当時、韓国軍当局がトラップ対空レーダーなどの関連証拠として、これを立証すると、日本の自民党議員が操作説に対抗した。哨戒機事態が小康状態に入った昨年4月には、日本のマスコミが自国軍当局者を引用して、「韓国政府が新指針を日本に通報した」として論議を起こした。軍関係者は、「日本の立場を受け入れさせることができなかったのは残念だ」と話した。

韓国人の反応
❏韓国人
私達にだけ優越意識を明らかにするチョッパリ達!

❏韓国人
戦犯国であり、今回の哨戒機の事態加害者である

❏韓国人
はぁ~チョッパリよ…

❏韓国人
ここは日本か?
結局何も変わっていないではないか

❏韓国人
加害者のくせに被害者コスプレをするチョッパリの常套手段だね
いいかげんにしろ~

❏韓国人
韓国が日本に弱みを見せようとしたらすぐにでも戦争をしようとする
ロシアの戦略爆撃機が近づいてきてもダンマリのくせに~
これが列島の民度である

↑❏韓国人
ロシアの爆撃機通過時、日本の戦闘機44台が出動して、ロシア戦闘爆撃機は、ロシアに戻ったというのが事実である。
日本人よりできなかった民族が、韓国ではないか?
韓国だったら2台出動(笑)

スポンサーリンク
注目記事!!(外部サイトへ移動します)

❏韓国人
ここは非常識親日派のコメントが多いね。

❏韓国人
日本とはまったく断交せよ….朝鮮半島に日本のような隣人は、必要がない….

❏韓国人
謝罪は日本がすべき!
軍国主義者達が我々を踏みにじっておいて謝罪もしないチョッパリとは国交断絶が正解である

❏韓国人
ムンジェインのせいで韓米同盟に韓米軍事訓練がキャンセルされインド太平洋ラインから韓国が除外された。
日本が大韓民国4倍の経済大国であるにもかかわらず、朴正煕以降、米国は韓米同盟を韓日同盟と同等の位置に置いた。
すでに私たちは、安倍とムン・ジェインを差別するトランプと英国首相メイという現実をみた。
外交の失敗にムン・ジェインは謝罪し、親北朝鮮親中の歩みを中断しなければならない。

❏韓国人
6. 25戦争時、韓国を助けてくれた友好国が誰なのか?米国の資本と日本の技術力が今の韓国経済を遂げた。
韓国は米国、日本と一緒にしなければならない。

↑❏韓国人
被害者がなぜ謝罪をしなければならないのか
土着倭寇は失せろ!

❏韓国人
北朝鮮にバカにされチャンケに殴られチョッパリには口も出せず…

❏韓国人
チョッパリが謝罪というものを知っているのであればドイツのようにとっくに過去を反省して謝罪している

❏韓国人
我々の隣人は中国で十分である

↑❏韓国人
土着チャンケも失せろ!

❏韓国人
合う必要はなかった。
再発防止と謝罪と関係者の処罰を要求せよ

❏韓国人
日本に強硬に対応する半分でも北朝鮮、金正恩にして欲しい…

↑❏韓国人
左派の万能薬=反日感情.

↑❏韓国人
反日精神病患者多いね(笑)

↑❏韓国人
日本の植民地時代に親日派はほとんど左派だった。
解放後も北傀についたが6.25の時味方を襲撃した。
土着倭寇たちが土着アカ変わっただけである

❏韓国人
指針に従って挑発すれば、攻撃しなければならない。
過去にも力がなくて、日本に支配されたが、今は絶対にこれでいてはならない。
日本が意図的に挑発すれば攻撃しなければならない。

❏韓国人
日本には強硬にして、北朝鮮・中国にはぺこぺこぺこぺこ

❏韓国人
主敵は北朝鮮である

↑❏韓国人
ムン災害が親北スパイであるから無理

❏韓国人
屈辱的な簡易会談である。

❏韓国人
お互いに意味のない確認をしただけ無駄な話し合いだ

❏韓国人
次からは撃ち落としてしまえ!

❏韓国人
協議しながら不満を言い続けるのは重要である

❏韓国人
日本植民地時代がなぜ来たのか知っているだろう。情けない奴ら。

❏韓国人
謝罪を受けようと考えずに、今後は警告はたった一度だけして、その後に打撃後通知しなさい。

  1. 北朝鮮へのせどりがバレそうだから、レーダーで攪乱したってのがもう常識なんだけど
    この辺の情報規制は中国並みだから、朝鮮愚民が知らなくて当然かw

  2. サッカーでの優勝カップの件といい加害者なのに被害者になってるね ここまで行くと脳の病気だね

  3. 韓国に反省と謝罪をさせる。殴らないと分からん連中なのに岩屋は下手にでやがる。無能政治家。

    • それに乗じた韓国は
      自分が四面楚歌で窮してる所にこれ幸いと
      日本の方から仲直りしたがってる!と広報

      だから日本は何やっても大丈夫とナメられるんだよ
      ここでシメなくてどうするんだアホか

  4. 現状分析も論理的思考も出来ない南朝鮮人は、もはや、人ではない。

  5. 少しは真実を知りまともな意見があるかと思ったが
    あくまでもちょんはちょんだったシネ。

  6. うん、とりあえずビザ復活から早急に対応しようか

  7. 百歩譲って被害者でも 今の韓国なら
    実利を取らないとアカンのちゃう?
    ま〜 そんな態度の方が安心するけどね!
    ww

  8. 相変らず何でもありな連中だな。
    これでも韓国を信じようとする連中が存在することが理解できない。
    どちらも害悪でしかない。

  9. 何時いかなる時も被害者ぶる韓国人の面の皮の厚さは大したもんだね
    韓国では国民に事実を伝えないから日韓の葛藤が増える一方だ
    日本が半島有事で在日米軍の出動を拒否したらどうなると思ってんだか

  10. 小野寺さんだったら会談すらせんかっただろうに、ほんま今のやつ韓国に甘々だから嫌だわ

  11. キムジョンイル民族謎の日本批判

  12. 反省どころか、また逆ギレか… ほんとキチガイ民族だな

  13. 目糞鼻糞!
    岩屋に鳩山由紀夫

  14. 「未来志向」と「真の謝罪」は概念だけで実在しないもの
    つまり日韓関係を改善する手段は実在しない

  15. 日本の報道だと非公式会談で岩屋がレーダー問題を事実上棚上げにしたなんて見出しだけど
    韓国側とは報道の仕方が違うな。

  16. アホは一部と言い張るやつがいたが軍隊が上から下まで幼稚園児並みの脳みそってバレちゃったからね

    • 幼稚園児でも悪い事したら
      「ごめんなさい」と謝れますよ。

  17. 自衛隊の顔に泥を塗った自民党を支持することはできない。
    上がこれでは現場の隊員たちは体を張れない。
    有事の際に信用が置けない政党には退場して貰うしかない。

  18. ヘタレの岩屋「大事な日韓関係を傷つけるわけにはいかない。レーダー照射問題はうやむやにしたいと思う!(キリリッ」

  19. どちらかが譲歩とかいう話では
    ないんだが。
    戦争になって韓国人を皆殺しに
    しててもおかしくないことを
    韓国がやらかしたんだが。

  20. ここで追及しないで終わらせるんだから、やっぱりチョッパリが悪い証拠ニダ!ホルホルホルwww

  21. もう終わったんだよ、韓国人とは
    さようなら韓国人
    さようなら大韓民国
    さようなら永遠に・・・

  22. トランプから『韓国と北朝鮮は1度持ち上げてから、叩き落とせ』と指示が出てるんじゃないの。

  23. ちょんは頭おかC

  24. いっその事本当の被害者にしてやりたい。ただしその時は文句を言うやつは土のしただろうけど

  25. この防衛大臣辞めさせろよ。
    韓国人だってわかってるんだよ、日本と韓国は国交断絶したほうが良いと。
    それなのに、何のために韓国と会談したんだ?
    自民党員だって放置しとけって言ってる人多いのに、マジでこの人いらねー!

  26. 韓国人が人間に見えない。

  27. この件って、韓国が北朝鮮に原油か何かを密輸してる所を
    自衛隊に見つかったから、やべ~と思ってレーダー照射して
    自衛隊を追い払おうとしたのが真相なんでしょ?

  28. アホの朝日のごとく都合のいいとこだけ切り取られるんだから会うなよ。
    学べないと鳩山って言われちゃうぞ!死にたくなるだろ。

  29. 岩屋しね

  30. イタリアのハリアーはロックオンを感知すると自動的に反撃を開始し、
    パイロットは瞬時に阻止は出来ないそうだ。
    日本も見習って通知だけしとけば良い。
    狙っただけで沈めちゃうから前もって言っとくよって。

  31. 相変わらず妄想の世界にいる韓国は素晴らしい。
    今後も色々 や ら か し て くれそうで助かるわ(笑)

  32. 何を謝罪するんだカス。
    ぶっ殺すぞトンスル。

  33. 大人の対応の意図も分からんニンゲンモドキ達に、優しさなんて見せんな!
    そもそも銃口向けられたんやから、謝罪して認めるまで会いませんで良いやん?バカなの?

  34. 高慢な劣等民族
    日本にいる在日韓国人と全く一緒

  35. 情けねえ面したオッサンだな
    安倍は変なのばっか選ぶな

  36. 岩屋を今すぐ外せ
    こいつが防衛大臣である限りはいつまでもレーダー照射される

  37. 岩屋のような国賊級のゴミがいるから日本は何時までも韓国のようなクズ国家に舐められるんだよ!

  38. 話し合っても無駄なんだから余計な時間を韓国に使うなよ。

  39. 100%韓国が悪いのに適当にデッチあげてグダグダにして無かった事にするのが
    朝鮮人の得意技、一歩も引いてはいけない少しでも引けばまた同じ事をする