スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本国「苗字は自由に決めていいぞ」 先祖「うーん…」 ぼく「かっこいい苗字頼むぞ…‼︎」

まとめ
1: にちにち名無しさん
先祖「うちの近所に小っちゃい川あるから小川で!w」

ぼく「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」

2: にちにち名無しさん
小鳥遊とか考えた奴絶対中二病だよな

3: にちにち名無しさん
桜小路とか一之瀬とか西園寺とか好き

4: にちにち名無しさん
五味さんはバカ

20: にちにち名無しさん
>>4
昔の人「五つの味覚…グルメな私にぴったりじゃ!」

昔はゴミなんて言葉なかったからね

5: にちにち名無しさん
よお小川

6: にちにち名無しさん
昔の偉い人「うーん、お前は田んぼの真ん中に住んでるから田中!w」

8: にちにち名無しさん
>>6
ゆるさん

7: にちにち名無しさん
染め物屋やってたんだから愛染にしとけや無能が!!!!

9: にちにち名無しさん
佐藤とか田中はわかるけど斎藤とか鈴木って語源なに?

10: にちにち名無しさん
うちも地名由来の名字だが古代姓だから最近勝手につけたやつらと同じにしないで。

11: にちにち名無しさん
お前らなら伊集院とか立花にするよな

12: にちにち名無しさん
マジで小川とか許さんからな!!!!

13: にちにち名無しさん
宇都宮がかっこいい

14: にちにち名無しさん
本が多いから本多でww
とか根っから陰キャじゃん

15: にちにち名無しさん
田中とかダッサwww
被りたくないから中田にするわwwwwww

16: にちにち名無しさん
>>15
投げやり感

17: にちにち名無しさん
2字にこだわる必要ないだろ
「田んぼの中央」とかでもいいじゃねーか

18: にちにち名無しさん
冷静に考えると佐藤って何由来なのか全然わからんな

21: にちにち名無しさん
>>18
音が最初にあってあとから字が当てられたんやろ

19: にちにち名無しさん
良い田んぼだから吉田で

22: にちにち名無しさん
山で畑してるから山田で!

スポンサーリンク
注目記事!!(外部サイトへ移動します)

23: にちにち名無しさん
山に相応しく小林とかいう名字がクッソ多い長野

24: にちにち名無しさん
佐藤は藤原家に仕えてた的な由来じゃなかったか
一見平凡な苗字でも明治以前から続いてるのかもしれないぞ

27: にちにち名無しさん
>>24
◯藤は大体藤原氏関連だよな

25: にちにち名無しさん
猿渡さん

26: にちにち名無しさん
毒島は可哀想

33: にちにち名無しさん
>>26
御手洗「そうか?」

41: にちにち名無しさん
>>33
御手洗と馬場は先祖が悪い

28: にちにち名無しさん
皇族「うーん、メルヘンになりたいから有栖川宮にするで!」

30: にちにち名無しさん
村の上ってなんやねん

32: にちにち名無しさん
>>30
上の方に住んでたんやろ

37: にちにち名無しさん
>>30
先祖が村長的なポジションだった可能性がある

31: にちにち名無しさん
一見物騒で訳わからん系は戦で活躍して武将に気に入られて賜ったとかあるよね

34: にちにち名無しさん
確か庶民が勝手に名乗っちゃいけない苗字とかあったよな

35: にちにち名無しさん
鈴木はなんなんの

46: にちにち名無しさん
>>35
熊野信仰してる人って聞いた

36: にちにち名無しさん
わたぬきさん
たかなしさん
しののめさん
創作のおかげでマイナーなのに有名になった苗字あるよな

38: にちにち名無しさん
一をにのまえ とかどんな発想あったら出てくるんだろうな

39: にちにち名無しさん
能年とか広末とか不思議なんだけど本人達のイメージのせいで美少女が多そうだ

43: にちにち名無しさん
江戸時代は公式に名乗ることが許されなかっただけで庶民でも苗字はあったとか本当なの?

45: にちにち名無しさん
>>43
俺の聞いた話だと江戸時代は住んでる場所の地名が名字の代わりだったらしい
間違ってたらすまん

44: にちにち名無しさん
先祖「地形と方角と規模で判別付くからそれで名乗っとけばいいだろ」

47: にちにち名無しさん
うちは田んぼの中にある寺だから田中になったらしい

48: にちにち名無しさん
外郎さんかわいそう

49: にちにち名無しさん
今でも秘境を訪ねていくような番組で
あの丘の西側に とか
この川を下った先に とか
あの岩の見えるところのちょうど足元 とか道案内されるの見てると
ああそらそれが苗字にもなるわなという気もする

50: にちにち名無しさん
まぁ田舎の集落みたいなとこ本当に皆同じ苗字だったりするからな
皆呼び捨てで名前だけ呼ぶから変に村中総家族感出てる

52: にちにち名無しさん
>>50
俺のじーちゃんの家の周りはじーちゃん家含めて方角+野の家が多い
それぞれの本家の方角は苗字と合致してるらしい

66: にちにち名無しさん
>>50
実際葬式なんか部落総出でやったりするから一つの共同体なんだよな

62: にちにち名無しさん
平凡な人間なのに大層な名前なんてついてたら馬鹿にされると思うけどな
逆に鈴木一郎なんて平凡な名前でも実績があれば名前もカッコよく感じる

  1. 家族を区別する、個人を区別するで呼び合うから、自然と名字のようなものがあった。古代の姓(かばね)、支配者層の役職、庶民の職業、住んでいる地名や関係性などから時代とともに広がっていった。ドコドコ村のダレダレ、名はナニナニって名乗るのが名字になったりした。後から制度ができたりしたから多様な名前が登録された。江戸時代では庶民が移動するには関所を通らないといけないから、何処の誰が通ったか記録された。

  2. 自分が小学生の頃は名字の多さ6位とか8位だったのが
    今現在はベスト3入ってるからな 増殖しすぎだぜ 高橋